格安タブレットをディスプレイ広告に活用する方法

格安タブレットをディスプレイ広告に活用する方法、簡単・手軽にデジタルサイネージを実現

弊社の無料アプリ、『フォトプレーヤー』は、ビジネスの場面でも活躍します。商業店舗、展示即売会、見本市といった多くの来客がある場所に、タブレットを設置してディスプレイ広告としてのスライドショーを流しておけば、人手や経費を極力掛けずに効率的に商品やサービスの案内ができます。簡易的ではありますが、このようなデジタルサイネージを導入し、パンフレットや商品カタログ、サービス案内のペーパーと併用すれば、より多くのお客様に貴社のサービスを知っていただけるでしょう。

※ここでいう無料というのは、アプリは無料で利用出来るという意味です。タブレット本体購入費やその他の諸費用は、ケースバイケースで発生してきますのでご了承ください。

それでは簡単に作成方法を確認して行きましょう。

■画像・音声素材の用意

まず、前提として写真素材、音楽素材が用意されていなければなりません。これは商品やサービスのイメージや自分で撮ったものなどを集めてきましょう。画像に文字入れしたり、音声のナレーションをつけたりするなど素材のクオリティが高ければ高いほど、より洗練されたディスプレイ広告に仕上がって行きます。十分な手間隙を掛け、お客様の目を惹きつけるインパクトのある材料を作成しておくことをお勧めいたします。

■端末へのデータ転送

そして画像と音楽を端末に転送しておきましょう。SDカードやUSB接続経由でPCから行う、または各種クラウドから端末に落とす方法もあります。

ディスプレイ広告らしく、素材さえしっかりと用意できれば、あとは他の写真アルバムの作り方と同様です。下記の動画や過去の記事をご参照ください。

■使い方の説明動画

フォトプレーヤー ♪簡単・無料でできる卒業アルバムや写真スライドショー作成アプリ♪

■使い方の説明記事

以前記載したこちらの記事を参照ください。

■こんな場面でこんなメリット

動画を作るには時間や経費が掛かりすぎる場合、スライドショーは静止画を組み合わせて行くだけですので、より手軽な選択肢となるでしょう。
プロに動画作成を頼むまでもない場合など、担当者レベルで簡単なスライドショーを作ってしまい、商品・サービスの紹介をすればよいのです。

来場者さんの視点で見ても、良い点は多々あります。

  1. 実物のパンフレットやカタログ・看板と違い、写真+音楽でより直感的に商品イメージを伝えることが出来ます。
  2. 収録できる画像点数・音声点数は無制限なので伝えられる情報が豊富になります。
  3. ページをめくる必要もなく、見ているだけでよいので、見る側も見せる側も手間が掛かりません

分厚い紙ベースの商品カタログも、詳しい商品説明を記載するには重要ですが、管理が大変だったりしますので、デジタルとアナログをうまく使い分けて、御社の販売促進にご活用いただければ幸いです。

■ダウンロード

Android版
フォトプレーヤーをダウンロードする
google-play-badge-jp-135-44
QRコード

QRcode_PhotoPlayer_Android

■関連情報

より詳しい情報はこちらをご覧ください。