作業効率化に最適

UsingSlackCommand
チームコミュニケーションツールとして有名なSlack。乱立するチャットサービス、メッセンジャーアプリの中でも、特にITデベロッパー向けに評判が良いようです。それもそのはず、キーボードから素早くコマンド入力し、迅速に作業を進めるためのショートカットやコマンドが豊富に用意されているのですね。これは作業効率化に最適な配慮がされていると思います。さて、今回Slackのコマンドについて、調査してみましたので、コマンドの用途などを説明します。

コマンド 説明
/archive 現在のチャンネルをアーカイブする。アーカイブすると、チャンネルのリストからは削除されるが、履歴として残り、チャンネルに参加したメンバーは閲覧できる。
/away ステータスを”away”に切り替える。離席してますとメンバーへ伝えるということ。
/close チャンネルやダイレクトメッセージを閉じる。
/collapse 現在のチャンネル内で展開されている画像や動画を全て折りたたみ、非表示とする。/expandコマンドの逆の作用。
/expand 現在のチャンネル内で折りたたまれている画像や動画を全て展開し、表示とする。/collapseコマンドの逆の作用。
/feed help [or subscribe, list, remove…] RSS購読を管理する。登録、一覧、削除など。
/feedback [your feedback] Slack運営にフィードバックを送信する。
/invite @user [channel] チャンネルに他のメンバーを招待する。
/join [channel] チャンネルを開く。チャンネルとは、いわゆるチャットルームと同義ですね。
/keys キーボードショートカットのダイアログを開く。
/kick @user
or
/remove @user
メンバーをチャンネルから排除する。この動作はチャンネルの所有者・管理者のみ実行できるように制限されているはずです。
/leave チャンネルやダイレクトメッセージを閉じる。
/me [your text] アクションテキストを表示させる。例えば、”/me does a dance” と入力すると”does a dance”とイタリックで表示される。
/msg user [your message]
or
/dm user [your message]
指定したユーザーへプライベートなメッセージを送信する。
/mute チャンネルをミュートする。または、チャンネルのミュート解除をする。
/open [channel] チャンネルを開く。
/part チャンネルやダイレクトメッセージを閉じる。
/prefs 設定ダイアログを開く。(preferences画面)
/remind me in [time] to [message]
/remind me to [message] at [time]
Slackbotリマインダーを設定する。このボットはあなた宛にダイレクトメッセージを指定の時間に送信してくれる。スケジュールを指定するには、フォーマットMM/DD/YYYYを利用する。
/remind helpを見たところ、at 3pm every dayなど、様々な形式で認識してくれる様子。
/remind help リマインダーを設定するためのより詳しいヘルプ情報を表示する。
/remind list 設定したリマインダーの一覧を取得する。
/rename [new name] チャンネルの名前を変更する。管理者のみ可。
/search [your text] Slack内のメッセージやファイルを検索する。
/shortcuts キーボードショートカットのダイアログを開く。
/shrug [your message] 末尾に¯\_(ツ)_/¯をつけたメッセージを送信する。お手上げ状態を表現する際に使えますね。
/topic [text] チャンネルのトピックを設定する。
/who 現在のチャンネル内のユーザー一覧を取得する。

上記は、デフォルトで用意されているコマンドです。これにとどまらず、自分用のカスタムコマンドも作成できるそうです。実に奥が深いですね。

最後に

今回、下記の公式サイト2016年8月25日時点の内容を元に、Slackのコマンドを調べてみました。
SlackのUsing-slash-commands原文

しかしながら、正直、これを一般的な日本企業内で利用できるかというと、難しい面があると思われます。多機能すぎて逆に誤操作や学習コスト増大、不用意なコミュニケーションエラーなどのリスクを誘発する懸念があります。業務系の汎用ツールというよりは、IT系開発チーム専用ツールであろうと考えます。